リボ払いの金利ってどう設定される? - リボ払いって損って本当?

リボ払いって損って本当? > リボ払いの金利ってどう設定される

リボ払いの金利ってどう設定される?

リボ払いはもちろん、利用すると所定の金利がかかります。
では、その金利はどのくらいかかるかご存知でしょうか。
これは、会社によって違いますが15%と設定されているところが多いです。
ただ中には、金利が15%よりも低く設定しているところもあります。
それらの違いは何なのでしょうか。
その秘密に迫りました。

まず、リボ払いの金利が10%から15%とある程度幅を持って設定されている会社があります。
これは、借りる人の信用度によって金利に差をつけているのです。
収入が高いことや今まで破産や延滞のないこと、そういった貸す側にとってメリットがある顧客には優遇した金利で貸し出す会社もあります。
一方、収入が低く、破産や延滞の経験のある顧客には金利が高く設定されがちです。

また、他の条件を満たす場合に、通常の金利より低く設定されることもあります。
例えば、銀行ですと、公共料金の引き落とし先の口座に選んだ場合、リボ払いの金利を低くするサービスがあります。
最近だと、対象のお支払いが電気、ガス、水道だけでなく、携帯電話や新聞、さらには年金の支払いなど対象の支払いが広がっています。

さらに最近では年会費が無料のカードが増えてきていますが、年会費が必要なカードに加入して、特別優遇された金利を利用する人もいます。
これはどのくらい買い物をするかにもよりますが、年会費を払ってもお釣りが出るほど金利が低いカード会社もたくさんあります。

最後にカード会社でカード契約をした金利が後ほど低くなることもあります。
これは、個人の返済の信用度が上がった際には、金利の低いカードを勧められることがあります。
個人の信用度というと、抽象的ですが、長期間延滞なく返済をしていたり、まとまったお金で繰り上げ返済をしたりなどといったことが、個人の信用度が上がることと言われています。
しかし、これらを行うことによって、必ず金利の低いカードをカード会社から案内されるわけではないのが、難しいところです。
延滞なく返済していたら、結果的に金利の低いカードを勧められたという程度の理解が良いでしょう。